我々が目指す「匠の事業化」

長年培ってきた匠の知識・経験を事業としての

最大限の事業価値を引き出すのが目的です

事業を思い立ちスタートした企業だけがベンチャー企業ではないのです。

長い年月をかけて、思い入れを技術・知識・経験で実現した匠事業も

ベンチャー企業であることには変わりません。

 

昨今、生活スタイル、消費者嗜好、グローバルサプライチェーン、高齢化など

事業を取り巻く環境は複雑になってきており、

今までの匠の専門性だけでは事業の継続・成長が困難になってきています。

 

イマリパートナーズは、事業環境変化をプラス要素へ転換し、

長年積み上げてきた成果を基盤とした新たな事業性を実現する

企業を支援するベンチャーキャピタル投資会社です。

3566221_l.jpg

​FoodTechは「食」のイノベーション ー

自然産業の中でFoodTech領域は今、新興成長産業として注目をされています。Techという名称を含んでいるためネットでデリバリーというイメージが強調されますが、基本はFood(食品)であることに変わりません。

 

この「食」という産業領域で中心となるのは農水産業であり、大きな成長と転換期に差し掛かっています。食料需要は世界的な人口増加に未だに追いついていないのが現実です。その中で気候変動、高齢化、物流構造、顧客嗜好の変化から産業構造と事業モデルを見直す時期にきています。様々なイノベーションが日々創成される中、従来のプロセス、商品形態、提供方法を大幅に向上させることが可能になりつつ有ります。

 

我々はFoodTech領域を支援するベンチャーキャピタルです。

ー 投資領域と支援活動 ー

注目投資領域

陸上養殖、屋内栽培など新たな農水産事業形態に代表される自然産業とその周辺事業

支援方法の特徴

ベンチャーキャピタル事業は投資が主体というイメージが強いです。確かにビジネスモデルはファンドに出資した投資家に投資益をもたらすことです。一般的なVC(ベンチャーキャピタル)はできるだけ多数の有望企業に出資をし、事業成長についての良き相談相手としてアドバイスをおこないます。

 

我々は少数の有望企業に出資をします。その上で市場性の拡大、事業構造の再編、プロセス改善、財務基盤の整備などの「匠」経営に不足している部分を、事業パートナーとして最大限に支援するVCです。創業者が悩んだ時の相談相手ではなく、悩まないようにすることに注力します。

shutterstock_604150469.jpg
shutterstock_66626242_edited.jpg

​ー チーム紹介 ー

設立から成長過程においてベンチャーという規模ではありながらも大手企業を顧客としてメジャー市場でビジネスを築いてきた事業現場のプロフェッショナルチームです。

IMG_7976_edited.jpg

ジュゼッペ 小林

エクゼクティブパートナー

unnamed_edited.jpg

向井 卓

プリンシパル

f-icon.png

倉田 倫子

プリンシパル